KHの徒然写真ブログ

kh123.exblog.jp
関東圏のコスプレイベント、撮影会、個人撮影の写真を掲載しているブログです。各種連絡先、プロフィール等はブログ右メニューをご参照下さい。  Sorry,this page is Japanese only.
by K.H.
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top ;Log-in
タグ:レポート ( 7 ) タグの人気記事
|
|
2010年 09月 06日 |
a0153674_17142972.jpg

スタジオ画像のみのアップロードは禁止とのことで、文章のみで失礼します。
後日、撮影させて頂いたコスプレ写真をアップロード予定ですので、そちらと公式のHPにある写真で視覚的な情報は得て頂ければと思います。

More
2010年 04月 20日 |
a0153674_40512.jpg

※スタッフさん

コスプレサイトとして最も有名な部類に入る「Cure」が開催する「Cure Cosplay Festival Vol.2」に行ってきました。
会場はパシフィコ横浜。初参加の会場になります。

みなとみらい駅から歩いて数分、標識も分かれ道に立っているので迷うような事もなく、私が現地に着いた時間は11時半頃。さすがに入場待ちの列などはなく、至ってスムーズに会場入り。周辺設備は同じ建物内の、受付の横にコンビニが併設されていて、お店の前にテーブルとイスもかなりの数があったので、休憩場所や補給に困ることはありませんでした。

撮影スペースとしては、屋内フロアは天井の高い打ちっぱなしのコンクリのような無機質な壁に(Zeppみたいな空間)布背景が随所に置かれ、屋内のスペースだけでもTFT1000HALLくらいか、それ以上はあったように思います。
声優さんのトークイベント等もあったので、簡易舞台が併設されていたせいか、蛍光灯照明は暗め。APS-C機では、最低でもISO400以上でないと厳しかったです。
屋外エリアは会場の裏手に広がってる、なだらかな傾斜になってる緑溢れる非常に広い公園があり、この公園に樹はもちろんのこと、人工の小川や橋、奇抜なオブジェ、レンガ調の壁など、撮影に使えるロケーションはたくさんありました。
また海も非常に近く、公園の端の道からは海が望め、広さは屋内よりもさらに広く、また背景的には非常にバリエーションに富んだ屋外エリアでした。

撮影スペースで難点を上げるとすれば、まず屋内エリアでは明るさの色は良いのですが照明が暗めなので、どうしてもISOをいじらないといけなかったところ(フルサイズ機なら平気かもしれませんが)
屋外エリアでは、一般の方も大勢いる公園なので、例えば小学生くらいの子が親御さんとキャッチボールもしていれば、近所のおじさん、おばさんの10人くらいの集まりがビニールシートを引いてご飯を食べていたり、ランニングをしている方もいたりと、そういった一般の方と同居しての撮影になるため、その辺りの照れ、そして広い公園とはいえ何気に背景に写ってしまう人等が難点に上げられると思います。

当日は参加者は2000人ほどだったと聞きましたが、会場のキャパにはまだまだ余裕もあり、些細な難点はありますが、屋外撮影でも天気、気温共に快適で、撮影環境としては私的にとても撮りやすい環境でした。

参加されたレイヤーさんの傾向としては、「傾向がないのが傾向」といった具合で、露出の多いTFTや秋葉原なら軽く10人は列をなすような衣装の方もいれば、ジャンプ系の作品の男装などももちろんいますし、ボカロ系の衣装は言わずもがなです。

またイベントとして見ても、非常に良かったのではないでしょうか。イベント進行はスムーズに進んでましたし、司会進行役の方も慣れていて、見ていて安心できました。
コスプレイベントとしては、非常にレベルが高く・・・と言いますか、今まで参加したイベントの中で1,2を争う良イベントでした。あれだけ大勢の人が参加してトラブルはなく、滞りなくスケジュール通りに消化した手腕は素晴らしかったです。
これからCure主催のイベントがどういう周期で開催されるのか分かりませんが、次があれば是非最優先で参加したいイベントです。
2010年 02月 28日 |
a0153674_2374062.jpg

イベント2月27日に秋葉原庁舎、2月28日にTFTに参加しました。
写真の方はお渡しまで1週間くらいかかってしまう方もいるかもしれません。たいした写真じゃないですけど、気長に待って頂けると助かります。
今回も簡単にそれぞれのレポートだけ残しておきます。

2月27日秋葉原庁舎
レイヤーさんもカメコも、開始から非常に多い日でした。壁背景での撮影が難しくなるくらいの混み具合です。受付カウンターにスタッフしかはいれないように、イスがバリケードのように積み上げられていて、2Fに休憩用のイスが一脚もなく、クールダウンがまったく出来なかったのがしんどかったです。1Fは熱気が凄まじく、とても暑く、忘れた頃に1~2度換気が行われたくらい。色々とイベント内容はお世辞にも良い内容とはいえませんでしたが、帰りに渡された即席で作ったと思われるHIA主催のイベントで使える200円割引券は、スタッフさんも人が多くて大変だったんだなと思い至りました。

2月28日TFT
イベント開始の行列はTFT西館を半周してましたが、30分やそこらでだいたい列は消化。凄まじい速さだったと思います。受付の速度は非常にスピーディでしたが、女子更衣室に入るのが大変だったようで、ホワイエの中で更衣室待ちの行列が3回くらい折り返して出来てました。
屋外は広場は禁止で、デッキは可。屋内はいつものTFT(500HALL、ホワイエ、受付大理石エントランス)。布背景はなく、500HALL中央が休憩所。ホワイエは壁際だけでなく全域で撮影していたので、移動が中々困難な状況。壁背景は頑張れば何とか・・・といったレベル。

両日共に混んでいて、背景探しが大変な状況でしたが、参加されたレイヤーの皆様は、本当にお疲れ様でした。
2010年 02月 22日 |
a0153674_2432581.jpg

2月21日TFT

先週のTFTほどではありませんでしたが、それでも列はけっこうな長さで、並び始めた時間が11時10分で入場できたのが11時50分。確認できてるだけで12時40分になってもまだ列はホワイエの角までありました。
レイヤーさんもカメコも多いですが、1000HALL周りの通路と、大理石エントランスロビー、ホワイエ、500HALLの4分の3、ホワイエ側と500HALL裏手搬入口側の屋外テラスの合計5エリア。(カメコは立ち入り禁止の広場開放有り)撮影エリアでこれだけあったので、場所を選ばなければ壁際撮影で困るような事はなかったです。
お日様がでてるあいだは、今日はそこまで寒くはなかったので(もちろんジャケット羽織ってる人間の話ですが)外で撮影されてるレイヤーさんも大勢いらっしゃって、内と外で分散されていたのでは、と思います。

レイヤーさんも、いつものTFT。カメコ視点からは非常に魅力的なコスの方が多かったです。
今回私は6名の方の撮影をさせて頂いたのですが、時間が許せばその3倍は撮りたい方がいらっしゃいました。
あとは、カメコとして活動してまだ日は浅いですが、知り合いのレイヤーさんを何名かお見かけしたのですが、大量の列が・・・。撮影中なので声は掛けづらいですし、列に並んでも自分が話しかけてストッパーになるのもイヤだし・・・で結局挨拶も出来ないままという、なんとも情けない結果に。
TFT、開催時間をもう2時間延長するか、1時間延長で受付のスピードを五倍くらい速くできないでしょうか。ほんと、お願いします。

今回ショックだったのは、500HALLで布背景が無かったこと。今日に限って言えば壁際で困る事はなかったので、問題はないんですが、勇者屋さんは500HALLに布背景置いてくれるのがすごく好きだったので、単純にショックです。

個人的な立ち回りとしては、12時から動き始めて、昼休憩返上で撮影して撮り終えた時間が16時55分。この時間でもまだ何十組という単位で撮影、5~6人くらいの列もあって一体最終は何時だったのかちょっと分かりませんが、55分で私は撤収です。

3月に入ると、3月28日(日)までTFTがないので、2月28日のTFTは参加で予定しています。
今回の更新もそうですが、毎回TFTは混んでいて~といった不満げな内容になりがちですが、あの一種お祭りみたいな感覚はけっこう好きだったりします。なので、一ヶ月あくのはちょっと寂しいのですが、その分楽しんで撮影したいですね。

それでは、参加されたレイヤーの皆様、お疲れ様でした。
2010年 02月 15日 |
a0153674_10371.jpg

2月13日秋葉原庁舎

雪とも雨とも言えないみぞれが降るなか、外出する条件としては非常に適切ではない日でしたが、レイヤーさんもカメコも人は大分集まってました。(TFT、晴海辺りで開催がない秋葉原はやっぱりそれなりに混みますね)
私は開始9時半から3時半まで滞在。けっこう休憩入れてるので、まったりな参加です。

イベントとしてみると撮影スペースは十分にあり、一階のメインフロアには布背景以外にも椅子が6脚ほど置かれていたので、運良く椅子を使えるとポーズの幅が広がって良かったです。
反面、特に撮影をするわけでもなく、1階フロアで椅子に座ったままおしゃべりしたり休憩されていたり、あるいは荷物を椅子に置いてどこかへ行ってしまうレイヤーさん達もいて、カメコ視点から見ると「もったいないなあ、少しで良いから貸してもらえないかなあ」って時もちらほら。(実際お願いした時は快く貸して頂けました)
個人的には気になりませんでしたが、HIA主催のイベントと比べて、照明が少なかったのは人によってはマイナスかもしれません。

レイヤーさんとしては、二人以上の合わせで参加されてるレイヤーさんが多い印象です。マクロスF、ボカロ系が多いのはいつも通りですが(カメコ受けの非常に良さそうな)オリジナルの方もちらほらお見かけしました。


2月14日TFT


現地着は11時。到着するとTFTの西館をぐるっと一周する長蛇の列が出来ていて、入場したときの時間が12時丁度。1時間並んだ計算です。さらに私の後ろも列はまだまだ西館の外周半分以上は確実に並んでいたので、最終的に列がなくなった時間はもっと遅い時間だったと思います。
私はなんだかんだで12時半から撮影を開始。14時半頃にTFT東館で2~30分の休憩を挟んで、16時半に撤収してます。

撮影環境としてみると、TFT1000HALL、エントランスロビー、1000HALL側の屋外テラスの三点。300HALLは更衣室で、1000HALLの4分の1くらいのスペースがメイクスペースになっていて、中央が休憩所のようになっているため、とにかく場所がないので、10人くらいズラッと並ぶ人気のレイヤーさんでも、壁際で撮影できない方が大勢いらっしゃいました。

入場するまでに時間はかかるわ、その割に開催時間は短いわ、人が多いのと場所が狭くて壁際でろくに撮影も出来ないわ、久しぶりのTFTで楽しみにしていたんですけど、ちょっと残念なイベント内容だったと思います。せめて、時間を2時間ほど延長するか、500HALLあるいはホワイエ辺りまで場所があれば・・・。
主催の勇者屋は、TFTでの物の配置が個人的に大好きな団体なので、今回のイベントの失敗は次にちゃんと生かしてほしいです。

良かった点は女性スタッフから頂いたバレンタインチョコですか。あれは嬉しかったです(*´∇`*)
(渡し方も事務的な感じでなく、さり気なくだったので、貰えるとは思っていなかったのでテンション凄い上がりました)

レイヤーさんとしてみると、これはいつものTFTです。

さて、なんだかちょっと愚痴っぽくなってしまって恐縮ですが、なにはともあれ13日のみぞれが降る中で秋葉原に参加されたレイヤーさん、14日の1時間くらい並ばされて場所確保も難しいTFTに参加されたレイヤーさんも、本当にお疲れ様でした。
2010年 02月 08日 |
※注意!
ご本人様以外の無断転載、二次利用等は固くお断り致します。


山吉のの様(Nikon D300S+Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM)
a0153674_14295387.jpg


More
2010年 02月 07日 |
a0153674_22344764.jpg


2月7日はプラザ平成に行ってきました。
コスプレイベントでは同日に幕張メッセで開催されたワンフェス、いつもの中小秋葉原、それにビッグサイトもあり、都心からちょっと足を延ばせばパシフィコ横浜と、TFTや晴海はありませんが開催場所は多かったと思います。

私が参加したプラザ平成ですが、到着は開始時間の11時五分前。
会場入りの列が凄まじく長く、(軽く500人以上は並んでいたと思います。)11時5分前に並び始めて会場入りできたのは11時20分。
12時頃までレイヤーさんもカメコも準備段階で、撮影している方はちらほらしかいらっしゃいませんでした。私は初参加の会場だったので、最初は建物の中を歩きまわっていたのですが、印象としては「屋内に限定すると、人の多さとあいまって意外と狭い」という印象。(ただそれでも、どこかしら壁際は見つかるのでやっぱり広いのかも)

建物は1F、3F、4Fで撮影可能。2Fは1Fと3Fの間にある外のデッキが2F扱いなので、屋内は3フロア。
1F、3Fは窓ガラス、白壁、黒壁、光沢感のあるワインレッドの壁、また移動にはエスカレーターがあるからか、階段でも撮影可能ということで撮影ロケーションはたくさんあります。人もたくさんいるのですが、レイヤーさんが非常に多く、カメコは少なかった印象です。

終了近くなるともちろん帰り支度するレイヤーさんも大勢いらっしゃいますし、カメコ比率は上がるのですが、それでも終始人気のあるレイヤーさんの列等も、5人並んでいる方は見受けられませんでした。
4Fはデスクが並んでいる学校の教室みたいな場所(・・・というよりは、会議室のような場所)なので、学校関係の服装には面白いスポットだったかもしれませんが、1F-3Fがエスカレーターで簡単に移動が出来るのに対して、4Fに移動するにはエレベーターに乗らないといけないのが非常に面倒なので、ほとんど行ってません。

屋外になる2Fのデッキと建物周りの外はさすがにほとんどいらっしゃいませんでした。

総括すると、レイヤーさんが非常に多くカメコが少なめ。外はハンパない寒さだったので、撮影場所としてはあってないようなものですが、屋内でも壁際は見つけられるので撮影環境としては非常に整ってたと思います。
レイヤーさんも、女性レイヤーさんのジャンプ系作品等の男装、男性レイヤーの女装、その他ネタ等、TFT等と比べると多い印象でしたが、レイヤーさんの絶対数が多いのでカメコ的に受けが良い作品のコスも多かったです。
唯一惜しむべくは開催時間でしょうか。実質的に動き始めた時間が12時頃で、16時頃にはもう三分の一くらいのレイヤーさんは帰り支度を始めてましたから、4時間から4時間半しか撮影時間としてはなかった計算です。レイヤーさんの数も多いですから、せめて賞味5時間以上は撮影時間として欲しかったところです。

最後に、参加されたレイヤーの皆様、お疲れ様でした。